/アタランタとトッテナムのクリスティアン・ロメロ移籍交渉が停止 [Gianluca Di Marzio]

アタランタとトッテナムのクリスティアン・ロメロ移籍交渉が停止 [Gianluca Di Marzio]

トッテナムとアタランタの間で行われていたクリスティアン・ロメロの移籍交渉は、今晩行われた両クラブの会談をもって一旦ストップした。以前、両クラブはこのディフェンダーがスパーズに移籍するための取引を成立させたいと考えていた。

両クラブは望んだ結果が得られていないと感じ、会談を終えたようだ。この交渉は無期限に中止される可能性がある。今後、互いの要求の食い違いを減らし、交渉のテーブルに戻るための接触があるかどうかは、まだわからない。

https://gianlucadimarzio.com/images/gasperini-atalanta-image.jpg?p=intextimg&s=4876b0fb65e9776a52cbb29d7fd4f88e

ロメロはトッテナムへの移籍を希望しており、その希望をアタランタに伝えている。休暇から戻ってきたディフェンダーは、月曜日にプレシーズンに合流し、トレーニングを開始する予定である。

この数時間で、両クラブは契約に近づいているように思えた。アタランタは替わりのディフェンダーを見つける時間が欲しいと考え、トッテナムは2週間後にプレミアリーグが始まるため、プロセスを早めたいと考えていた。再交渉の余地があるかどうかは、これから数時間のうちに判明するだろう。