/トッテナムが夏にブライトンのグラハム・ポッターを監督に起用しなかった理由

トッテナムが夏にブライトンのグラハム・ポッターを監督に起用しなかった理由

レヴィ会長が求める新監督は、新進気鋭なタイプではなく、より保守的なアプローチを好むという。パウロ・フォンセカとジェンナーロ・ガットゥーゾの2人が就任すると思われていたが、6月末にエスピリト・サントを最終的にスパーズの監督に任命された。

ポッターがトッテナム・ホットスパー・スタジアムにやってくるという話は、候補者探しの最後の数週間には静かになっていたが、5月に彼とバーバーが語っていたように、彼をブライトンから引き離すのは常に難しいことだったようだ。

現在のブライトンで何か特別なことが起こっていると信じているのは明らかで、プレミアリーグの順位表を見ると、開幕から7試合中4試合に勝利して6位につけているシーガルズのファンは明るい展望を持っていることだろう。

ポッターには大きな将来性があり、将来的にトッテナムの監督の座が空いた場合に、彼が再びそのポジションに就く可能性があっても不思議ではない。