/トッテナムが夏にブライトンのグラハム・ポッターを監督に起用しなかった理由

トッテナムが夏にブライトンのグラハム・ポッターを監督に起用しなかった理由

当時、トッテナムの選手の多くは、ポッターが所属するブライトンと対戦した際に何度も相手チームに感銘を受けており、監督として招聘することに前向きだったという。

ブライトンの副会長兼チーフ・エグゼクティブであるポール・バーバーがポッターの退団を「絶対にありえない」と語り、ポッター自身もシーズン最終戦の前に、アメックス・スタジアムでの生活にとても満足していることを次のように明らした。

「私は自分の力ではどうにもならないこと、メディアで書かれていることや憶測にはあまり注意を払っていないよ」

「私はこの仕事に集中しており、できる限り力強くシーズンを終えようとしている。私はこのチームに手応えを感じていて、このクラブに興奮しているんだ。だからそこに注力するよ」

Graham Potter has received plenty of plaudits for his work at Brighton

「(トッテナムの仕事は)考えたこともないよ。私はここで契約を結んでいるんだ。私はこの仕事に専念しているし、やるべきことはたくさんあるが、今はまだ始まったばかりだ」

その後、ポチェッティーノの退任から1年半後の衝撃的な復帰の可能性が注目され、さらにアントニオ・コンテがインテルを退任したことで、コンテへの関心が高まった。

しかし、どちらの監督のスパーズの監督就任は実現せず、ファビオ・パラティチがフットボール・マネージング・ディレクターに任命され、7月1日の就任日までに次の監督を見つけるために、舞台裏で膨大な時間を費やした。