/トッテナムが夏にブライトンのグラハム・ポッターを監督に起用しなかった理由

トッテナムが夏にブライトンのグラハム・ポッターを監督に起用しなかった理由

グレハム・ポッターは夏にトッテナムの監督に就任する可能性があったが、ブライトンに残った。

4月半ばにジョゼ・モウリーニョが解任された後、トッテナムの監督候補としてグレハム・ポッターの名前が挙がったのは驚くべきことではなかった。

スウェーデンの4部リーグに所属していたエステルスンドをトップリーグに昇格させる功績を残したことで、多くの関係者の注目を集めていた46歳のポッターは、2018年6月にスウォンジー・シティが監督に任命したことで、英国でのチャンスが訪れた。

ポッターがウェールズにいられたのは1シーズンだけで、その11ヶ月後にクリス・ヒュートンが解任された際、プレミアリーグのブライトン&ホーヴ・アルビオンが獲得に動いた。

アメックス・スタジアムでの彼の魅力的なフットボール・ブランドはすぐに注目を集めた。シーガルズは彼が指揮を執った最初のシーズンで15位を獲得し、翌年には1つ順位を下げて16位になった。

しかし、プレミアリーグで14度の引き分けを記録し、それらの試合を勝利に結びつけることができる選手がいなかったため、最終的なリーグ順位は得点力のある選手の不在を痛感させた。

16位に終わったにもかかわらず、ダニエル・レヴィ会長がトッテナム・ホットスパー・スタジアムでモウリーニョと決別するやいなや、ポッターの名前が浮上していた。

多くのスパーズ・ファンが思い描いていたような大物監督ではなかったかもしれないが、ポッターのプレースタイルと才能ある若いチームを作り上げる能力は多くの人を魅了した。

マウリシオ・ポチェッティーノと比較されることもあったが、ポッターはレヴィ会長の求める「流れるような攻撃的で魅力的なフットボール」に完璧にフィットしていた。