/グレアム・ポッター:まだブライトンでの仕事は終わっていない

グレアム・ポッター:まだブライトンでの仕事は終わっていない

グレアム・ポッターは、過去2シーズンにブライトン&ホーヴ・アルビオンで相当の実績を残したことから、トッテナムの次期監督候補の一人に挙げられている。

グレアム・ポッターは、トッテナムへの移籍が噂される中、ブライトン&ホーヴ・アルビオンで「本当に幸せだ」と述べている。

ジョゼ・モウリーニョが2週間前に解任され、スパーズは現在新しい監督を探しており、ポッターはその候補の一つとされている。

2年前にスウォンジー・シティでの活躍によって、クリス・ヒュートンの後任としてアメックス・スタジアムにやってきた元左サイドバックのポッターは、サウスコーストで繰り広げるフットボール・スタイルを高く評価されている。

トッテナムが理想としているのは、進歩的で攻撃的、ポゼッションベースのフットボールを志向し、クラブの文化に合う新監督の招聘であり、モウリーニョの長期的な後継者を探しているクラブにとって、ポッターは完璧にフィットするだろうと多くの人が考えている。

もしポッターを招聘することになれば、多くのスパーズの選手がポッターを支持し、歓迎するだろうとFotball Londonは理解している。スパーズには、シーガルズの監督のプレースタイルが印象に残っている選手がいるからだ。

トッテナムへの移籍が噂される中、ブライトンの最高経営責任者であるポール・バーバーは、木曜日にThe Argus紙のインタビューで、クラブはポッターへの打診を受けていないこと、また仮にこれから他クラブがポッターの獲得に動いたしたとしても手放すつもりはないことを明かした。