/ダニー・マーフィー:スパーズはグレアム・ポッターでマウリシオ・ポチェッティーノの再現を狙う

ダニー・マーフィー:スパーズはグレアム・ポッターでマウリシオ・ポチェッティーノの再現を狙う

グレアム・ポッターがトッテナムの次期監督候補になっていることが何のサプライズでもないと、ダニー・マーフィーは語っている。

ブライトンを率いたこの2シーズンは降格の憂き目に遭っているものの、ポッターが展開する攻撃的なフットボールでいくつもの称賛を得ている。

ダニエル・レヴィ会長が先月ジョゼ・モウリーニョを解任した後、ブックメーカーの次期監督候補の一人としてポッターが浮上している。

かつて所属していたスパーズがポッターのようなあまり注目されていない人物に目を向けることは理にかなっていると、マーフィーは考えている。それは、サウサンプトンでの18ヶ月間の経験を経て、2014年にスパーズの指揮を執ったマウリシオ・ポチェッティーノがそうであったように。

マーフィーはtalkSPORTに出演して次のように語った。

「ブライトンのプレースタイルからして、(監督候補にあがるのは)理解できるよ」

「トッテナムがポチェッティーノを招聘したときにも、生放送の収録の合間に似たような話をしていたんだ。そんな話をしていたら、そのたった5分後に、サウサンプトンからスパーズ行きが決まったんだよ」

「だから、スパーズは再びそのルートを歩むかもしれないね。それに驚く人もいるだろう」