/スキップのアピール、慌ただしいパラティチ、エンドンベレの欠場、クリスティアン・ロメロの交渉、ピエルルイジ・ゴッリーニの最新情報

スキップのアピール、慌ただしいパラティチ、エンドンベレの欠場、クリスティアン・ロメロの交渉、ピエルルイジ・ゴッリーニの最新情報

水曜日の夜に行われたコルチェスター・ユナイテッドとの親善試合にトッテナムが3-0で勝利した後に、今話題とすべき5つのトピックをまとめた。

騒がしいファンがスタジアムに戻ってきた

先週、ヌーノ・エスピリト・サントは記者会見の席で、選手たちが必要なレベルに達したとき、初めて自分の考えを伝え始めると語っていた。

「今は、どんな状況になっても対応できるように準備することだ。より速く、より強く、闘志を持って、どんな局面でもプレー強度を高めることだよ」

「それから、プレーの仕方、ボールのライン、ディフェンスの仕方などの自分たちの考えを伝えてくことになるが、まずは組織的に行動しなければならない」

「この数週間はフィットネスに焦点を当ててきたが、フィットネスは試合中でも取り組んでいくし、もしフィットネスを整えたいのであれば、トレーニング・セッションに気持ちを込めて励まなければならないが、前にも言ったけど選手たちは素晴らしいよ。ファンタスティックだ」

コルチェスターでの勝利後にも同じようなことを言っていたが、特に前半は、トッテナムの試合にはより一層の激しさがあったことは明らかだった。

ソン・フンミン、ステーフェン・ベルフワイン、ルーカス・モウラ、デレ・アリのカルテットが敵陣で躍動し、復帰したオリヴァー・スキップはボックス・トゥ・ボックスの役割で常に存在感を示し、コルチェスターのプレーを阻んだ。