/グレン・ホドル:深刻な病気で倒れる

グレン・ホドル:深刻な病気で倒れる

 

トッテナム・ホットスパーは次のようにツイート。


「クラブの全員がグレン・ホドルの全快と早期回復を願い、想いを送ります。」

BTスポーツの同僚であるデズ・ケリー。

「グレン・ホドルは病気になり、病院で治療を受けている。BTスポーツの全員が、そしてフットボール界全体が、この愛すべき男の幸運を願っているはずだ。」

同世代のフットボーラーの中で、類まれなる才能を与えられた一人であるエレガントなミッドフィルダーだったホドル。

トッテナム・ファンとして幼少期を過ごし、クラブのユース・システムを経て、1975年にスパーズでデビューを飾る。

スパーズでは490試合に出場し、110ゴールを記録。1980年代に2度のFAカップ獲得に貢献している。

その2つの栄冠で中心的な役割を担ったホドル。マンチェスター・シティとの対戦となった1981年のファイナルでは、ホドルのフリーキックがトミー・ハッチンソンに当たってコースが変わりオウンゴールを誘い、スパーズが再試合に持ち込むと、そこで3-2での勝利を飾っている。

1981年のFAカップ・ファイナル、シティ戦でシュートを放つホドル

その翌年にもウェンブリーに戻ってきたスパーズは、そこでクイーンズ・パーク・レンジャーズと対戦し、ホドルのゴールで1-1の引分け。再試合では、ホドルがその試合唯一のゴールをPKから決めて、トロフィーを防衛した。

TAGS: