/ハマーズとスパーズがクラブ間合意にもジェドソン・フェルナンデスがスパーズを選択

ハマーズとスパーズがクラブ間合意にもジェドソン・フェルナンデスがスパーズを選択

ベンフィカがウェストハムとトッテナムの両クラブと移籍金で合意したが、選手本人はウェストハムではなくトッテナムを選択するようだ。

ジェドソン・フェルナンデスは、ベンフィカからの18ヶ月間のローン移籍を成立するために月曜日にトッテナムのトレーニング・センターに到着する予定だ。

ベンフィカはトッテナムとウェストハムの両方とクラブ間で合意したが、フェルナンデスはポルトガル人のジョゼ・モウリーニョ監督が率いるスパーズと契約することを選ぶだろう。

ベンフィカはスパーズが提示した高額のローン費でクラブ間合意し、スパーズはフェルナンデスを6500万ユーロ(5600万ポンド)の獲得オプション付きでフェルナンデスを補強する。

選手とクラブの間の個人の契約交渉は問題にはならないだろう。

トッテナムは、右膝の内側側副靭帯の手術を受けたムサ・シソコの3ヶ月間の離脱の穴埋めのために、ミッドフィルダーの補強を考えている。

チェルシーもまたフェルナンデスの獲得に興味を持っており、ローン期間中に半分の試合で選手を起用した場合に5500万ポンドで買取義務が発生する18ヶ月のローン移籍をオファーしていた。

ウェストハムも18ヶ月のローン移籍をオファーしたが、買取義務は最大でも3300万ポンドで、それが有効化するトリガーとなる出場試合の割合はチェルシーよりも少なく設定していた。

現在のベンフィカとフェルナンデスのバイアウト条項は1億200万ポンドだが、ベンフィカは、ブルーノ・レイジ監督と仲違いしたと報じられる選手に対し、その金額のオファーを待つことはないようだ。

スパーズ公式グッズの送料無料キャンペーンのご紹介
送料無料の条件:120ポンド(約14000円)以上の購入


おすすめグッズ
✅ユースXLの2019-20シーズン ホーム・ユニフォーム ¥7,700
8000円以下と割安なユース用ユニフォーム(レプリカ)だが、日本人の170cm台の中肉であればちょうどいいサイズでお得。

(下の画像をクリック)