/ギャリー・ネビル&ジェイミー・キャラガー:スパーズのクラブ運営と補強費の是非(動画付)

ギャリー・ネビル&ジェイミー・キャラガー:スパーズのクラブ運営と補強費の是非(動画付)

 

ネビル

彼は本当によくチームを運営しているよ。

現在、アーセナルやリバプールほども資金を投じていない。チェルシーやマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドと比べるまでもないがね。

マウリシオ・ポチェッティーノは素晴らしい。素晴らしい監督だ。これまでに何度かヨーロッパのスーパークラブの一つに行くチャンスはあっただろうし、これから先の12ヶ月間でも、監督を変えようとするクラブが招聘を考えるはずだ。彼自身もそのクラブのことを知るはずだが、彼はできるだけスパーズと共にあろうとしているんじゃないか?

私からしてみると、彼はクラブの土台のなかの最初のセメントとなってガッチリとくっついているように思えるね。

 

キャラガー

このままでは、トッテナムはこれ以上良くはならないよ。

彼は信じられないほど見事に仕事をこなしている。限られた資金でトッテナムをトップ4に導いているが、補強予算からすれば出来過ぎなほどだよ。

5年か10年以内に、このチームは崩壊するだろう。監督は去り、誰も費やした資金に対する獲得した勝ち点や、彼らの成し遂げたことを振り返ること無くね。みんなが「タイトルは獲ったか?」ばかりを気にかけている。その答えは、現時点では「ノー」だ。

監督や選手たちを批判の矛先にするのは間違っている。誰かを批判するとすれば、ダニエル・レビィ会長や経営陣だ。

この国のビッグクラブの一つでありながら、トータルの収支が2900万ポンドというのは受け入れがたいことだ。昇格組だって、もっと多くの資金を投じているよ。

ダニエル・レビィは、トレーニング・グラウドやインフラ設備、スタジアムの建設で素晴らしい仕事をしているが、ここ30年で最強のトッテナムのチームと監督を手にしながら、栄冠を勝ち獲る気があるとは思えないような資金面でのサポートしかしていない。