/ギャリー・ネビル:ハリー・ケインは2015年から満足な休暇が取れていない

ギャリー・ネビル:ハリー・ケインは2015年から満足な休暇が取れていない

元イングランド代表ディフェンダーで現在は解説者を務めているギャリー・ネビルは、ハリー・ケインのメンタルとフィジカルの両方を気にかけて、イングランド代表からの休息が必要だと語っている。

 

自国開催を除けばイングランド・フットボール史上で最も成功したワールドカップでキャプテンを務めたハリー・ケインは、ロシアでの大会でゴールデン・ブーツを獲得し、そして今シーズンのトッテナムでは、2分間を除いてプレミアリーグに出ずっぱりである。

ギャレス・サウスゲイト監督は敗れたスペイン戦でケインを先発で起用し、90分間のフル出場をさせた。さらに、火曜日のスイスとの親善試合でも、終盤の30分間プレーしているが、ネビルはケインの起用にもっと慎重になるべきだと感じている。

スカイスポーツでケインについてギャリー・ネビルは次のようにコメント。

「私はハリー・ケインのことが心配だよ。2015年から175試合でプレーして、現在、苦労しているんだ。フィジカルもそうだが、メンタルの療養も彼には必要だよ」

「今の代表に2週間も帯同する必要は無いと思うね。今はもっと選手のことを慎重に見守ってあげるべきだと思う。2015年から彼は十分な休暇が取れていないんだ」

イングランド代表とトッテナムで重要な役割を担い、大きな責任によるプレッシャーを感じている25歳のケインには、しっかりとした休養を与えるべきだとネビルは考えている。

元マンチェスター・ユナイテッドのディフェンダーであり、ロイ・ホジソン監督時代にはイングランド代表でアシスタントコーチを務めていたネビルは続けてコメント。

「彼に必要なケアを与えるべきだね」

TAGS: