/ギャレス・ベイルはここからのライバルクラブとの連戦で本領を発揮する

ギャレス・ベイルはここからのライバルクラブとの連戦で本領を発揮する

木曜日の夜に行われたアメリカとの親善試合は0-0の引き分けに終わったが、この試合をベイルは欠場。日曜日にはアイルランドに1-0の勝利を飾り、ベイルはキャプテンを務め、スターティング・イレブンに戻ってきた。

このベイルは90分間のフル出場を果たし、66分にはデビッド・ブルックスにパスを通して決勝ゴールをアシストし、勝利のために決定的な役割を果たした。

アイルランド戦のベイルのプレー動画

ベイルがフル出場を果たしたことは明らかに良い兆候だが、モウリーニョとコーチング・スタッフは、スパーズが3日後にマン・シティとの重要な試合を控える水曜日の夜のフィンランド戦に、彼の出場時間が短縮されることを望んでいるだろう。

現在、開幕から8試合を終えてプレミアリーグで2位につけているトッテナムだが、次の8試合でどのように戦えるかは、2021年のシーズン後半戦がどのように展開されるのかを知るための指標になるだろう。

土曜日のマン・シティ戦に続き、チェルシー、アーセナル、クリスタルパレス、リバプール、レスター・シティ、ウルブズ、フルハムと、2020年の年末に向けた試合が控えている。