/ギャレス・ベイルはここからのライバルクラブとの連戦で本領を発揮する

ギャレス・ベイルはここからのライバルクラブとの連戦で本領を発揮する

これまでホットスパー・ウェイで復調に注力してきたベイルが、今週の代表ウィークの期間にどのように扱われるかについていくつかの懸念点があるなかで、ウェールズのロバート・ペイジ監督代行は、ベイルがこれまでに見たことがないほど「素晴らしい状態」であると語っていた。

「この一週間、ずっと素晴らしい状態だったよ。私がライアン(ギグス)とファースト・チームに関わってきてから、彼(ベイル)はおそらく今まで見た中で最もフィットしている。素晴らしい状態にあるように見えるよ」

さらにSky Sports Newsのインタビューでは、次のように語っていた。

「今の彼は別人のようで、彼は自分のフットボールを楽しんでいるように見えるよ」

「今、彼を歓迎する監督(ジョゼ・モウリーニョの)がそばにいて、トレーニングやピッチに立つ時間を楽しんでいるんだろうね」

「トッテナムは、90分間、安定してプレーできるように調子を上げてもらいたいと思っている」

「今週、我々も同じように取り組んでいて、トレーニングのなかで垣間見た彼の姿を見てもやはり別格なんだ。188cmの体躯ながらも高いレベルのアスリートで、その能力がどのレベルかってことは誰もが知っている」

「良いことに、彼はまた自分のフットボールを楽しんでいるので、我々はそれをピッチ上で発揮してくれることを期待しているよ」