/ギャレス・ベイルはここからのライバルクラブとの連戦で本領を発揮する

ギャレス・ベイルはここからのライバルクラブとの連戦で本領を発揮する

今週末にプレミアリーグが再開されたとき、トッテナムのファンはギャレス・ベイルの最高の姿を再び見ることができるかもしれない。

9月にレアル・マドリードからシーズン・ローンでトッテナム・ホットスパー・スタジアムに戻ってきたベイルは、ウェストハムと3-3で引き分けた試合で途中出場して以来、リリーホワイツでこれまでに6試合に出場している。

ここ数年、サンティアゴ・ベルナベウでの怪我の問題や不調に悩まされ、スターティング・イレブンの座を保証されなかった31歳は、ジョゼ・モウリーニョのチームに飛び込んできた。

ここまでベイルのフィットネスを作り上げるために出場機会を与えてきたモウリーニョは、ここ数週間、ベイルの役割について説明している。

代表ウィーク前のウェストブロム戦でスターティング・イレブンに選ばれるまで、プレミアリーグの2試合でベンチから途中出場を余儀なくされていたベイルの出場機会の大半はヨーロッパリーグだった。

これまでベイルはグループJの3試合で185分のプレー時間を得ており、通常は60分ほどで交代することが多かった。

モウリーニョがベイルをホーソンズで先発させたという事実は、彼の体調が万全に近づいていること、そして代表ウィーク明けに控えるトッテナムの悪夢のような対戦カードに間に合うことを示唆している。