/マット・ドハティの離脱がマン・シティ戦でギャレス・ベイルに与える影響

マット・ドハティの離脱がマン・シティ戦でギャレス・ベイルに与える影響

実際のところ、ドハティの替わりにオーリエが先発するのであれば、モウリーニョが決断しそうなのは、ルーカスかラメラのどちらかを先発で起用することかもしれない。

この2人であれば前への仕掛けもするが、ボールを持っていない時には自陣に戻ってサイドバックをカバーするなど、守備面でも貢献している。

マン・シティは、土曜日の夜にノースロンドンで行われるリリーホワイツとの決戦で、その多彩な攻撃オプションを用いて問題を起こしてくるであろうし、対するモウリーニョはシティが継続的にスパーズの右サイドを狙ってきても、そこを突破されないようにしなければならない。

当初、ポルトガル人指揮官はドハティのニュースを受けて右サイドバックをそのままオーリエに変更することだけを考えていたかもしれないが、その起用変更は潜在的にその前のポジションに入るギャレス・ベイルの先発起用に影響がある可能性がある。