/マット・ドハティの離脱がマン・シティ戦でギャレス・ベイルに与える影響

マット・ドハティの離脱がマン・シティ戦でギャレス・ベイルに与える影響

この元パリ・サンジェルマンのスターは、チームに攻撃のオプションを与えることができるが、一方で、オーリエを起用するということはモウリーニョが前線の3人をどうするかを考え直す必要に迫られることになるかもしれない。

ハリー・ケインとソン・フンミンは、今シーズンのゴール前での熱いパフォーマンスで先発を保証されているが、現在のところ、チームの攻撃の右サイドにポジションは不確定枠となっている。

ギャレス・ベイルが万全のフィットネスを取り戻しつつあるため、そのポジションを定位置する最有力候補であり、となればルーカス・モウラ、エリク・ラメラ、ステーフェン・ベルフワインは、モウリーニョがベストなチームを選ぶ場合には、非常に困難な状況に追い込まれることになるだろう。

今週末にオーリエとベイルを起用すれば、スパーズは非常に攻撃的な右サイドを形成することになり、それがマン・シティを陥れる可能性は十分にある。

コートジボワール代表ディエンダーは、どんどん前に出ていくことが大好きで、それは一方でシティにその背後の攻撃するスペースを与えてしまう。シティがボールを獲得したときにスパーズを大きなしっぺ返しを喰らうことになるだろう。

トッテナムの他の攻撃的な右サイドのオプションは、守備的なプレーに関してはベイルよりも優れているので、もしオーリエが先発するならば、モウリーニョはそれに応じた決断を下す必要があるかもしれない。

しかし、もしタンガンガが右サイドバックに入ってきたとしたら、全く別の話になるだろう。タンガンガはより守備意識の高い選手であり、オーリエのように常に攻撃への仕掛けを狙うタイプではないため、その前にベイルが入るのであればバランスは良い。