/ゴール・セレブレーションでギャレス・ベイルがルーカス・モウラに怒った理由

ゴール・セレブレーションでギャレス・ベイルがルーカス・モウラに怒った理由

ミッドウィークのヴォルフスベルガー戦で見事なゴールを決めたばかりのギャレス・ベイルは、トッテナム・ホットスパー・スタジアムでのバーンリー戦でまたしてもゴールを決めた。

水曜日の夜の彼のゴールは素晴らしいものだったが、バーンリー戦での彼の先制ゴールは、開始1分にソンのクロスをピンポイントで合わせてゴールに流し込むシンプルなものだった。

ゴールの後のセレブレーションでは、アシストした韓国代表のソンと並び、両手の指で「W」を作ったが、そこにルーカス・モウラが加わった。

両方の手で「L」を作っていたルーカスを見ると、ベイルはすぐにルーカスの方を向いて露骨に不満げな顔をした。

ルーカスは後半開始直後にベイルが再びゴールネットを揺らすと、同じジェッシャーをしてセレブレーションに加わった。その時にベイルはテレビカメラに向かって指を振って、その表情からも「これじゃない」とアピールしていた。