/トッテナムがレアル・マドリードとギャレス・ベイルの移籍成立に近づく [Sky Sports]

トッテナムがレアル・マドリードとギャレス・ベイルの移籍成立に近づく [Sky Sports]

考察:この移籍を成立させるために必要なものとは?

Tottenham is 'where Bale wants to be' according to his agent Jonathan Barnett

スカイスポーツ・ニュースのポール・ギルモアは次のように述べている。

「この移籍の中で最も難しいとされているのは、給与の問題だと思われる。レアル・マドリードはこの取引を実現するために、その一部を負担することを望んでいる」

「水曜日の朝の時点で分かっていることは、トッテナムとレアル・マドリードは、ベイルのノースロンドンへのセンセーショナルな復帰を巡って話し合いを続けており、その話し合いの中心には『ローン契約』があるということだ。買い取りオプションが含まれるかどうかはわからない」

「ベイルの契約はまだ2年残っているし、その『ローン契約』はその2年を満了させるためだけかもしれない。確かに、この商談に詳しい人たちの間では、現状では実現する可能性が高いと感じているようだ。本当に楽観的な考えでもある」

「ベイルのトッテナムへの移籍の話題は、過去3年間で移籍マーケットのたびに出てきたが、問題は常にスパーズがその高額な給与を払う余裕がないことだった」

「トッテナムは週給にして20万〜30万ポンドを自分たちが支払うというところまで条件を落とせれば、実現可能になるという感触を持っている」

分析:ベイルがマドリードを去る時は今

レアル・マドリードのラモン・カルデロン元会長がスカイスポーツに次のように語った。

「本人が行きたがっているのがトッテナムであれば、きっとそこに行くだろうね。私は彼の意図や取引条件について個人的な知識はないが、どうやらトッテナムのようだ」