/トッテナムがレアル・マドリードとギャレス・ベイルの移籍成立に近づく [Sky Sports]

トッテナムがレアル・マドリードとギャレス・ベイルの移籍成立に近づく [Sky Sports]

ギャレス・ベイルの代理人がスカイスポーツ・ニュースに語ったところによると、ベイルは2013年の世界記録の移籍金でのレアル・マドリードへの加入の後では、現在、最も移籍の実現に近づいており、トッテナムがその移籍の合意に迫っているという。

ベイルの代理人は、レアルからのローン移籍の実現についてスパーズと話している。

レアル・マドリードとの商談が成立すれば、ベイルは2007年から2013年まで6シーズンを過ごしたスパーズへの復帰を希望すると見られている。

ベイルの代理人であるジョナサン・バーネット氏はスカイスポーツ・ニュースの取材に対して次のように語った。

「いくつかの問題については長い道のりがあるが、間違いなくギャレスは過去7年間のどの時期よりもマドリードを去ることに近づいている」

「この契約は複雑だが、契約は近いと信じるに足る理由があるし、話し合いが順調に進めば、物事は非常に早く進む可能性があるよ」

It is looking increasingly likely Bale will leave Real Madrid this transfer window
ベイルがこの移籍マーケットでレアル・マドリードを去る可能性は増している

マドリードから話し合いを持つ許可を得たスパーズのジョゼ・モウリーニョ監督は、すでにベイルと話し、もし予想通りにノースロンドンへの移籍が現実のものとなった場合、トッテナムのシステムの中でいかにベイルが重要な役割を果たすかを説明している。

ベイルは今のところマドリードに残っているが、これまでにの移籍交渉の進展に興奮していると考えられている。