/移籍が迫るギャレス・ベイルのトッテナムでの役割とは… [Sky Sports]

移籍が迫るギャレス・ベイルのトッテナムでの役割とは… [Sky Sports]

トッテナムがレアル・マドリードからのローン移籍でギャレス・ベイルと獲得することに合意したようだ。

7年前の2013年に世界記録となる8600万ポンドの移籍金でスパーズを去ったベイルは、古巣であるクラブに戻ることが取り決められた契約書にサインするため、マドリードでロンドン行きにグリーライトが灯るのを待っている。

スペインとイングランドの弁護士が、ベイルを1シーズンのローン移籍で再びスパーズに加入させる契約書の作成に取り組んでいる。スパーズは給与とローン費用として約2000万ポンドを支払うことに合意している。

ベイルは、自分が再び周りから尊敬され、評価されると信じているクラブでプレーしたいと考えている。

今月はウェールズ代表として2度プレーしたものの、完全にフィットしているわけではなく、ベストな状態に戻るにはこれから1ヶ月はかかると予想されている。

この交渉に近い関係筋によると、今のところ進展は遅いが、商談は完了するだろうとの期待感があるという。ベイルがすぐにスパーズの選手になるかどうかを尋ねられたとき、その関係筋は「もちろんだよ」と回答した。

レアル・マドリードは、週給60万ポンドの給与を削減するために、ローン移籍で放出することに合意しており、トッテナムは今週、彼との契約に向けて全精力を注いでいる。