/マンチェスター・ユナイテッド戦の先発メンバー考察:守備ラインを大幅修正、ベイルのサプライズ起用か…

マンチェスター・ユナイテッド戦の先発メンバー考察:守備ラインを大幅修正、ベイルのサプライズ起用か…

ジョー・ロドンは、セント・ジェームズ・パークでもプレーが際立っていたので、再び先発メンバーに残るに値する。

ここ数週間のように4-4-2を採用するのではなく、スパーズは4-2-3-1のフォーメーションに戻すべきだろう。

中盤はピエール・エミール・ホイヴィアとタンギ・エンドンベレの2人で、エリク・ラメラを10番の役割で起用し、彼がファイナル・サードでチームに活力と攻撃力を与える。

ギャレス・ベイルとソン・フンミンは両サイドに入り、ハリー・ケインがいつものように最前線をリードする。

ロリス、オーリエ、アルデルヴァイレルト、ロドン、レギロン、ホイヴィア、エンドンベレ、ベイル、ラメラ、ソン、ケイン