/マンチェスター・ユナイテッド戦の先発メンバー考察:守備ラインを大幅修正、ベイルのサプライズ起用か…

マンチェスター・ユナイテッド戦の先発メンバー考察:守備ラインを大幅修正、ベイルのサプライズ起用か…

トビー・アルデルヴァイレルトとセルジュ・オーリエは、ここで2試合ぶりに登場するはずで、あとはモウリーニョがジョー・ロドンとダビンソン・サンチェスのどちらを信頼し続けるかだ。コロンビア人はニューカッスルでは苦戦を強いられていた。

スパーズはニューカッスルやアストンヴィラとの試合よりも多くのチャンスを作る必要があるため、中盤の攻撃的なポジションについても決定を下す必要がある。

トッテナムは、ギャレス・ベイルがドハティを無防備に相手攻撃に晒してしまったノースロンドン・ダービーの前のような好調の状態に戻ることを望んでいる。

ベイルをより中央でプレーさせ、ルーカス・モウラやエリク・ラメラをワイドの位置でプレーさせ、オーリエを助けるというのもひとつの解決策かもしれない。

ロリス、オーリエ、アルデルヴァイレルト、ロドン、レギロン、ホイヴィア、エンドンベレ、ラメラ、ベイル、ソン、ケイン

ロブ・ゲスト – トッテナム・ホットスパー担当記者

先週の日曜日にニューカッスル・ユナイテッドに引き分けたことで、モウリーニョは間違いなくこの状況を変える必要がある。

ジャフェト・タンガンガとダビンソン・サンチェスはどちらも低調だったため、結果的に交代すべきであり、ここ2試合で招集メンバーから外れていたセルジュ・オーリエとトビー・アルデルヴァイレルトを先発イレブンに復帰させた。