/ギャレス・ベイルのキャリアでの「輝かしい瞬間」トップ10

ギャレス・ベイルのキャリアでの「輝かしい瞬間」トップ10

チャンピオンズリーグ史上最高のゴール

ベイルのオーバーヘッドキック

レアル・マドリード 3-1 リバプール (2018年5月26日)

ベイルはすでに3度のチャンピオンズリーグでの成功を収めているが、2018年は彼のなかで最も記憶に残るファイナルであることは間違いない。

そのリバプール戦はスコアが1-1のまま進み、途中出場を果たした3分後、ベイルは見事なオーバーヘッドキックでレアル・マドリードを2-1のリードに導き、これはヨーロッパのフットボール史に刻まれるであろう偉大なゴールの1つとなった決めた。

ベイルは30ヤードの距離からゴールを決め、レアル・マドリードのクラブ史上13度目のチャンピオンズリーグ制覇を確実なものにした。