/ギャレス・ベイルのキャリアでの「輝かしい瞬間」トップ10

ギャレス・ベイルのキャリアでの「輝かしい瞬間」トップ10

コパ・デル・レイでのワンダー・ゴール

ワンダー・ゴールを祝うベイル

レアル・マドリード 2-1 バルセロナ (2014年4月16日)

新たに加入したクラブのファンに、どのような方法で自身の実力を発揮することができればベストだろうか?最高の宿敵に対して、カップ戦のファイナルで単独プレーによってセンセーショナルなゴールを決めるというのはどうだろう?

それをやってのけたのがベイルだった。

ファイナルで彼の驚異的なゴールによってバルセロナを2-1で倒し、レアル・マドリードがコパ・デル・レイを制したのだ。

ウェールズ人フォワードは、ハーフウェイラインからバルサのディフェンダー、マルク・バルトラを圧倒的なスピードで抜き去って置き去りにし、キーパーのホセ・マヌエル・ピントの位置を見て冷静にシュートをゴールに流し込んだ。リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドをも、この試合の見出しを飾ることは許されなかった。