/ギャレス・ベイルのキャリアでの「輝かしい瞬間」トップ10

ギャレス・ベイルのキャリアでの「輝かしい瞬間」トップ10

個人タイトルを総なめに

スパーズでのゴールを祝うベイル

トッテナム・ホットスパー 1-0 サンダーランド (2013年5月19日)

その負のジンクスからプレミアリーグの最高の選手へと変貌を遂げたベイルは、2012-13シーズン終了時にキャリア2度目となるPFA(Professional Footballers’ Association)の年間最優秀選手に選ばれた。

同シーズンには、PFAヤング・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーとフットボール・ライターズ・アソシエーションのプレイヤー・オブ・ザ・イヤーも受賞しており、同じシーズンにこれら3つの賞を受賞した2人目の選手となった。もう一人はクリスティアーノ・ロナウドだ。

ベイルはクラブとウェールズ代表で31ゴールを記録し、スパーズのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した。

シーズン最終戦では、ホワイトハート・レーンでサンダーランドに1-0で勝利し、ここでも後半に見事なゴールを決めた。