/ギャレス・ベイルのキャリアでの「輝かしい瞬間」トップ10

ギャレス・ベイルのキャリアでの「輝かしい瞬間」トップ10

Taxi for Maicon(マイコンにタクシーを手配してさしあげろ)

ベイルとマイコン

トッテナム・ホットスパー 3-1 インテル・ミラノ (2010年11月2日)

ベイルとスパーズがレドナップのもとで成功を収め始めると、ベイルとルカ・モドリッチに刺激されたスパーズはどんどんと前進していった。

しかし、ベイルの飛躍の瞬間は2010年のチャンピオンズリーグ、グループステージで前回王者インテル・ミラノとの試合で、信じられないような光景によって訪れた。

第1戦のサンシーロ、ゴールキーパーのエウレリョホエリョ・ゴメスは開始8分に退場処分を受け、トッテナムはいっきに4-0の劣勢に立たされた。

しかし後半、ベイルがそこからハットトリックを決めたのだ。当時、世界最高の右サイドバックと言われていたマイコンをズタズタに引き裂き、プレミアリーグのクラブとしての誇りを独力で取り戻してみせた。

そしてこのブラジル人選手の屈辱は、ホワイトハート・レーンで行われた第2戦でベイルが2アシストを含む驚異的な活躍を再び見せたことによって完結した。

“BBCスポーツのフットボールライターは、「ギャレス・ベイルは、チャンピオンズリーグ保持者であるインテル・ミラノを苦しめるマスタークラスを作り上げた」と書いている。