/ギャレス・ベイルのキャリアでの「輝かしい瞬間」トップ10

ギャレス・ベイルのキャリアでの「輝かしい瞬間」トップ10

4度のチャンピオンズリーグ制覇を果たし、現代のウェールズの最高の選手となったギャレス・ベイルは、「不運な左サイドバック」から「世界で最もエキサイティングな選手」の1人になった。

世界記録となった移籍金、奇跡を期待されている国、そして世界で最も気難しいクラブのファンであっても、世界中のフットボール・ファンを魅了してきた屈託のないカーディフの少年を動揺させることはなかった。

忘れられないゴールを決め、世界最高の右サイドバックを引き裂き、イングランド・フットボール界で最も偉大な輸出品として歴史に名を刻んだベイルは、毎年、何度も何度も何度も奇跡を起こしてきた。

ここでは、BBC Sportsの「ベイルの日(Bale Day)」の一環として、ギャレス・ベイルの10の輝かしい瞬間を紹介する。

16歳でクラブと国のためにデビュー

サウサンプトンでデビューを飾ったベイル

サウサンプトン 2-0 ミルウォール (2006年4月17日)

2006年4月17日、16歳と275日目のベイルは、サウサンプトンがミルウォールに2-0で勝利した試合でデビューを飾った。

5月には、16歳と315日でウェールズ代表としてトリニダード・トバゴとの親善試合に先発出場した。

ウェールズの若手発掘を担当したブライアン・フリンは、ベイルの技術力をライアン・ギグスに例え、将来のスターになる可能性があるとコメントしていた。

しかし、サウサンプトンの財政面での問題により、ベイルはセント・メリーズに長くは留まれず、マンチェスター・ユナイテッド行きを見送った後、2007年5月にトッテナム・ホットスパーへの500万ポンドでの移籍を完了した。