/ジョナサン・バーネット:ギャレス・ベイルはスパーズで2シーズン目もありうる

ジョナサン・バーネット:ギャレス・ベイルはスパーズで2シーズン目もありうる

バーネットは続ける。

「私が願うのは、彼がこの競技への愛を取り戻し、自分にできるプレーをするようになることだが、それも彼次第だ」

「そして、彼はこれ以上の試運転は無い。彼は国外で活躍した他のどの英国人の選手よりも多くのことを戦果を残しているのだから、私は彼なら大丈夫だと思っているよ」

ベイルは正しい扱いを受けるべきだった

ベイルはレアル・マドリードに在籍している間、怪我に悩まされており、2018-19シーズンにはスペインのクラブ・ファンの一部からブーイングを浴びた。

また、ベイルが2019年7月に退団することになれば「誰にとっても最高だ」と当時語っていたジネディーヌ・ジダン監督との関係も悪化していた。

「私の意見では、彼は偉大なクラブのために多くのことを成し遂げた選手に対して正しい扱いができていなかったと思うよ。私はそういった間違いが積み重なったと思っている」

「一概には言えないが、彼が7年間でクラブのために成し遂げたことを考えれば、もっと良い扱いを受けるべきだったのではないだろうかね」

「誰かのせいにしたいわけではないし、批判するつもりはない。ファンがした行為はみっともないものだったし、そこでクラブは助けてくれなかった。私が言いたいのはそこだけだよ」