/ジョナサン・バーネット:ギャレス・ベイルはスパーズで2シーズン目もありうる

ジョナサン・バーネット:ギャレス・ベイルはスパーズで2シーズン目もありうる

ギャレス・ベイルは今シーズン終了より先も長くスパーズに留まる可能性があると、代理人のジョナサン・バーネットが語っている。

31歳のベイルは、2013年に当時の世界記録となる8500万ポンドの移籍金でスパーズを去り、それから7年が過ぎた先週、再びスパーズに戻ってきた。

「もし本当にことがうまくいっていれば、何の問題もないだろう」

「まずクラブが彼にプレーを続けてほしいと思ってくれればね。私は彼があと1年プレーすることに何の問題もないと思うよ」

2019年夏にレアル・マドリードから中国への移籍が間近に迫っていたベイルは、現在の契約が2022年まで残っており、今回のローン移籍ではシーズン終了後にスペインに戻る予定となっている。

バーネットは、BBCラジオ4の月曜の番組のなかで次のように語っている。

「その(レアル・マドリード復帰の)話題が出てこないことを願うよ。彼はトッテナムでこれから成功して、ここで続けたいたいと思うだろうし、そうなればあとは簡単な契約になるからね」

ベイルはレアル・マドリードで、チャンピオンズリーグを4度、ラ・リーガを2度を含む13の主要なトロフィーを獲得している。

また、リーグ戦171試合に出場し、80ゴール、40アシストを記録しており、ラ・リーガでは英国人選手としては歴代トップのスコアを記録している。