/ベイル・マネーで補強した7人の現在

ベイル・マネーで補強した7人の現在

パウリーニョ
Paulinho’s time at Tottenham can be assessed as both a success and a failure. Whilst he may not have lived up to the initial hype, he did prove to be an important player in the squad during his time at the club.
<br></a><br/>
He was purchased for just under £17million (<a href="https://www.bbc.co.uk/sport/football/23195610">BBC</a>) and eventually sold for just £9.9million  to Guangzhou Evergrande (<a href="https://www.theguardian.com/football/2015/jun/29/paulinho-tottenham-china-guangzhou-evergrande">Guardian</a>).
<br/><br/><em>Where is he now?</em>
<br/><br/>
After two seasons at Guangzhou Evergrande, Paulinho was purchased by <a href="https://www.fcbarcelona.com/en/news/675735/paulinho-barcas-new-signing">Barcelona</a> for 40m Euros – an extraordinary fee considering Spurs sold him for just 10m.
<br/><br/>
After just one season, however, he was loaned back to Guangzhou Evergrande, which became a permanent transfer in January 2019.
<br/><br/>
Guangzhou Evergrande purchased Paulinho back for 42million Euros (<a href="https://www.marca.com/en/football/barcelona/2019/01/04/5c2f6c82e5fdea94738b45e1.html">Marca</a>).

パウリーニョのスパーズでの時間は成功とも失敗ともいえよう。彼は加入当初に期待されていた活躍ができたとは言い難いが、クラブ在籍期間においてチームにとって重要な選手であることは証明できたと言えよう。

BBCによると加入時の移籍金は1700万ポンド未満で、他方、広州恒大への放出時の移籍金はガーディアンによると990万ポンドであったとされる。

現在の所属先は?

広州恒大で2シーズンを過ごした後、4000万ユーロでバルセロナに加入した。スパーズから放出された際にはたったの1000万ユーロであったことを思うと多額の移籍金であると言えよう。

しかしながら、彼はバルセロナで1シーズンを過ごした後、広州恒大にローン移籍し、2019年1月に広州恒大に完全移籍することになった。

広州恒大に買い戻された際の移籍金は、マルカによると4200万ユーロであったとされる。

ヴラド・キリケシュ
Vlad Chiriches

彼はステアウア・ブカレストからスパーズに加入し、BBCによると移籍金は850万ポンドであったとされる。そして、この額はルーマニア人史上最高額の移籍金であった。

キリケシュはバックアッパーとしてシーズンのほとんどを過ごしたにもかかわらず、2013/14シーズンにおいて最も記憶に残った選手のうちの一人となった。

彼はホワイトハートレーン周辺地域であるN17において充実したキャリアを歩んでいたように見えたが、マウリシオ・ポチェッティーノが監督に就任したことで、彼のスパーズでの地位に揺らぎが生じた。

ポチェッティーノはそのルーマニア人に十分な試合時間を与えず、結果として2015年7月にナポリへと放出されることになった。

現在の所属先は?

ヴラド・キリケシュは、2015年移籍当時から今日に至るまでナポリに留まっている。2018/19シーズンには前十字靭帯の負傷により、そのシーズンのほとんどを棒に振ってしまった。