/元トッテナムの選手への喝さい、ファンがヌーノ・エスピリト・サントを動かす…カラバオ・カップのバーンリー戦のトピック

元トッテナムの選手への喝さい、ファンがヌーノ・エスピリト・サントを動かす…カラバオ・カップのバーンリー戦のトピック

水曜日の夜、トッテナムはターフ・ムーアでバーンリーに1-0で勝利し、カラバオ・カップの準々決勝に進出を決めた。

スパーズは、ヨーロッパ・カンファレンスリーグのフィテッセ戦と、直近のプレミアリーグのウェストハム戦で2敗した後にこの試合に臨んだ。

ヌーノ・エスピリト・サントは、ロンドン・スタジアムで1-0で敗れたチーム編成から6人の選手を変更し、レギュラー・メンバーの多くをベンチに置いた。

試合はスロースタートで幕を開け、そのまま前半の45分を経過し、後半の半ばにスパーズはルーカス・モウラがゴールを決め、リーグカップの準々決勝進出を決めた。

トッテナムにとっては、前回の試合よりもポジティブな要素が多かったが、まだ課題も残っている。この試合のトピックをいくつか紹介する。

元トッテナムの選手へのチャント

今シーズンからプレミアリーグに戻ってきた元スパーズのアーロン・レノンは、カラバオ・カップの試合でバーンリーのベンチに入り、試合前と試合中の2度、アウェイのスパーズ・サポーターから拍手と声援を受けた。

34歳のアーロン・レノンは、ノースロンドンのクラブに10年間在籍し、全公式戦で365試合に出場し、30ゴール、78アシストを記録した。

レノンは、ウイングでの速さに定評があり、トッテナムのファンからも愛されていた選手だった。水曜の夜のターフ・ムーアで、アウェイのトッテナムのファンから喝さいを受けた場面は、この試合のハイライトの一つと言えるだろう。

試合開始直前、バーンリーのベンチに入ってきたアーロン・レノンに、リリーホワイツのファンは「There’s only one Aaron Lennon」と定番のチャントをおくった。

さらに試合中、リーズ出身のレノンがサイドラインでウォーミングアップをしていると、またしてもスパーズ・ファンが彼の名前を唱え、試合残り15分のところでレノンは古巣であるスパーズと戦うためにピッチに立つことになった。