/エリック・ダイアー:スパーズにとってのファイナルはリバプールにとってよりも意味がある

エリック・ダイアー:スパーズにとってのファイナルはリバプールにとってよりも意味がある

リバプールの「This means more(これはもっと意味がある)」という言葉を忘れ、スパーズはチャンピオンズリーグ決勝に向けてより良いスローガンを持つ。

 

今シーズンのリバプールはプレミアリーグのタイトルを獲得することに非常に近づいた。

ユルゲン・クロップ監督とレッズの選手たちは、マンチェスター・シティを追走し続けたが、最終的にわずか1ポイント差で29年ぶりのタイトルを逃した。

リバプールの97ポイントの記録は、シティが100ポイントを積み重ねた2017-18シーズン以外であれば、プレミアリーグを獲得するのに十分であった。

プレミアリーグでの競争の間、ソーシャル・メディア上で展開されていた「This means more(これはもっと意味がある=「ただの2位では無い」の意味)」というフレーズは、イングランドで最も成功したクラブの1つが栄光の日々に戻ることへの切望を意味していた。

それはリバプールのユニフォームの製造元であるニューバランスによって作られたスローガンで、プレミアリーグがクライマックスに達した時に流行した。

今シーズンのリバプールは、チャンピオンズリーグでまだトロフィーを手にするチャンスがある。そして、彼らの前に立ちはだかるのはクラブ史上初のチャンピオンズリーグ・ファイナルに到達したトッテナムだ。

チャンピオンズリーグの前身であるヨーロピアンカップの時代にスパーズは準決勝に到達したことがあったが、6月1日にマドリードで新たな一歩を踏み出すことになる。

チャンピオンズリーグ決勝に向けて意気込むエリック・ダイアーは、リバプールのキャッチフレーズに対抗し、似ているがより良いフレーズを作り出している。