/パウロ・フォンセカがトッテナムの監督就任に向けて細部の交渉中 [Sky Italia]

パウロ・フォンセカがトッテナムの監督就任に向けて細部の交渉中 [Sky Italia]

前ローマの監督は、プレミアリーグで再出発する準備ができている。トッテナムは彼に契約をオファーし、交渉は進展している。来週半ばに就任が発表される可能性あり。面白いことに、彼は2ヶ月前までジョゼ・モウリーニョが使っていたベンチに座ることになる。

パウロ・フォンセカの未来はイングランドにありそうだ。元ローマの監督は、トッテナムと非常に親密な関係にある。現在、ポルトガル人とロンドンのクラブとの対話は極めて順調に進んでおり、スパーズはフォンセカに延長オプション付きの2年契約を提示している。

ジャッロロッシでの2年間の経験を経て、フォンセカの次なるキャリアは、2ヶ月前までジョゼ・モウリーニョが使っていたベンチになるかもしれない。トッテナムとの交渉は順調で、来週半ばには正式な発表が行われる予定だ。

フォンセカのローマでの成績

「この2年間、浮き沈みを経験したが、私は常にこのクラブと、私を温かく迎え入れてくれたこの街のために全力を尽くしてきました」

ジャッロロッシでの2年間の活動を終え、先日、フォンセカはそう言ってローマに別れを告げた。彼が指揮を執った2年間の最高の到達点は、2020-21シーズンのヨーロッパリーグで、準決勝まで勝ち上がり、マンチェスター・ユナイテッドに敗れている。

一方、リーグ戦では7位に終わり、カンファレンスリーグへの出場権を獲得した。ローマでの1年目、フォンセカはセリエAで5位、ヨーロッパリーグではラウンド16、コッパ・イタリアでは準々決勝に進出していた。

そして今、ポルトガル人監督の道は、トッテナムで再び始まることになった。彼が引き継ぐのは、プレミアリーグで7位に沈んだチームです。また、スパーズはカンファレンスリーグに出場し、そこでモウリーニョが率いる古巣のローマと対戦する可能性がある。