/スパーズ・ファンを悩ますパウロ・フォンセカのジョゼ・モウリーニョに対するコメント

スパーズ・ファンを悩ますパウロ・フォンセカのジョゼ・モウリーニョに対するコメント

モウリーニョ解任後、50日以上も監督不在だったトッテナムは、フォンセカを新指揮官として採用する方向で調整しているようだ。

水曜日の夜、トッテナムがパウロ・フォンセカと交渉を進めているというニュースが流れ、トッテナムの新監督探しはようやく終わりを迎えようとしている。

ローマとシャフタール・ドネツクで監督を務めたフォンセカは、交渉を進めた結果、ノースロンドンで指揮を執ることになったようだ。Sky Italiaによると、フォンセカは、スパーズの次期スポーツディレクターであるファビオ・パラティチが後任監督の第一候補として挙げていた人物だという。

この決定がスパーズのファンにどのように受け入れられるかはまだわからないが、48歳のポルトガル人が、皮肉にもフォンセカの後任としてローマの監督に就任することが決まった同胞のジョゼ・モウリーニョよりもうまくやってくれることを、彼らは切に願っているだろう。

モウリーニョは、多くの主力選手を戦力外として扱い、その守備的なスタイルを批判されたことで、スパーズでは人気のない人物となっている。

そして、フォンセカがその「スペシャル・ワン」の信奉者であることは、サポーターにとってはあまり喜ばしいことではないかもしれない。

12月にThe Athleticのインタビューに応じたフォンセカは、自分のインスピレーションやアイドルについて聞かれた。

フォンセカは即座に次のように答えている。

「ジョゼ・モウリーニョが台頭し、この新しいメンタリティが現れたんだ」

「ジョゼは、(2004年にポルトでチャンピオンズリーグを制覇した後に)国を離れ、大きな成功を収めたことで、とても重要な存在となった。これにより、人々の監督を見る目が変わったんだよ」