/ファビオ・パラティチがユベントスで犯した5つの大きな失敗

ファビオ・パラティチがユベントスで犯した5つの大きな失敗

ファビオ・パラティチがトッテナムに着任する前にユベントスで犯した失敗を見てみまよう。

フットボールクラブで11年間もの間、移籍に関する仕事を担当していれば、その過程でいくつかの失敗はつきものだが、ファビオ・パラティチもその例に漏れない。

48歳のパラティチは、今週、トッテナムの新しいフットボール・ディレクター/ゼネラル・マネージャーとして正式に加入することが決まっている。これまでダニエル・レヴィ会長の下でフットボールに関する運営を担当した、デイビッド・プリート、フランク・アーネセン、ダミアン・コモッリ、フランコ・バルディーニ、ポール・ミッチェル、スティーブ・ヒッチェンらの足跡をたどることになる。

パラティチはユベントスでの10年以上の間に多くの成功を収めており、先の記事では彼の10の補強の成功例を掲載した。

ここでは、パラティチがユベントスに在籍していた間に起こった5つの失敗を紹介する。

ゴンサロ・イグアイン

2016年の夏、ユベントスがナポリから28歳のストライカーの買取条項を満たしたとき、このアルゼンチン人はセリエA史上最高額の7530万ポンドを支払った。これは、ギャレス・ベイルとクリスティアーノ・ロナウドのレアル・マドリードへの移籍に次ぐ、当時の世界で3番目に大きな移籍金だった。

イグアインは、トリノでの最初のシーズンはゴールを量産して順調にスタートしたが、すぐにうまくいかなくなり、大型契約を結んだこともあって、2シーズンのうちにACミランに半年間、さらにチェルシーに残りの期間をローン移籍することになった。

その後、チェルシーに完全移籍したが、その2年後にはクラブとの契約解消が合意され、デビッド・ベッカムが所属するMLSのインテル・マイアミに移籍することになった。