/ヴェンゲルとクロップのケースから考える、ポチェッティーノがFAから受ける罰金とは?

ヴェンゲルとクロップのケースから考える、ポチェッティーノがFAから受ける罰金とは?

 

今シーズン、既に一人の監督が審判に対するコメントで罰金を払わされている。

ユルゲン・クロップがウェストハム戦での引き分け後に、主審ケビン・フレンド主審のレフェリングに対して疑問を呈したのだ。

リバプールは本来ならオフサイド判定になるはずだったゴールで得点を挙げ、それが原因で審判はウェストハムに有利な判定を下すようになった、というのがクロップの主張だ。この結果クロップは4万5千ポンド(およそ650万円)の罰金を科せられた。

これらのケースを勘案すると、ポチェッティーノが制裁を受けとすればるなら、4万ポンドから4万5千ポンドの罰金が妥当だろう。