/FIFAが22歳以上の選手のローン移籍を制限する新たなシステムを導入へ

FIFAが22歳以上の選手のローン移籍を制限する新たなシステムを導入へ

このルールの導入によって、実質的にクラブがローン移籍を利用して多数の選手を自クラブに所属させることができなくなる。2024年には、22歳以上の選手は6人が国内のクラブ間で(加入と放出で)ローン移籍が可能になり、それに加えて6人が国際ローンが可能となる。

たとえば現在、チェルシーは22歳以上の12人の選手をローンで放出している。そのうち9人はイングランド以外のクラブへのローンで、すでに来シーズンから始まる制限数を超えている。

一方、アーセナルには22歳以上のローンの選手が4人しかいないため、現在はFIFAの新しい規制に準拠している。

現在のルールで最も大きな打撃を受けるクラブの1つは、現在、22歳以上の22もの選手をローンで放出しているセリエAのアタランタとなる。