/FIFAが22歳以上の選手のローン移籍を制限する新たなシステムを導入へ

FIFAが22歳以上の選手のローン移籍を制限する新たなシステムを導入へ

FIFA(国際フットボール連盟)は、移籍のシステムを改革するための新しい措置が講じたことを発表している。

スイスのチューリッヒで開催された、FIFAのステークホルダー委員会(クラブ、リーグ、選手、協会の代表者を含む)の会議で、選手のローン移籍におけるトレーニング報酬と制限に関する新しいシステムの導入が決定した。

このトレーニング報酬のシステムでは、「クラブがトレーニングに投じた努力を奨励し、報酬を与える」ことを目的に、移籍金に対する1パーセントの追加徴収が導入されることになる。

2022年に導入されることを視野に入れて、ステークホルダー(利害関係者)が選手のトレーニングに掛かるクラブのコストについて合意できるようにするため、さらにこのFIFA評議会に提出される前にパラメータを設定するために、これから協議プロセスが開始される。

委員会はまた、ローン移籍に関する新しい規制を承認している。 2020年7月から、22歳以上の選手の国際ローン(他国クラブへのローン移籍)には制限が課され、2020-21シーズンまでは国際ローンが(加入と放出で)8件まで認められ、2022-23シーズンにはそれが6件に段階的に減らされ、さらに同じ2クラブ間でのローン移籍は(加入と放出で)3件が上限となる。

同国内のローン移籍については、FIFAの国際ローンの原則に基づいて、各フットボール協会で3年以内に新たなシステムの導入が進められることになる。