/ファビオ・パラティチ:ハーランドとドンナルンマはユベントス加入に迫ったが…

ファビオ・パラティチ:ハーランドとドンナルンマはユベントス加入に迫ったが…

パラティチはインテルの2人の補強ターゲットについて語った。

「シュクリニアルとブロゾビッチがトッテナムに?根拠のない噂だよ」

さらにパラティチは、ミランに別れを告げる前にユーベが獲得に動いていたドンナルンマの移籍の経緯について次のように語った。

「どうなったかって?彼があのような状況になってしまっては、行き先は選手本人が選ぶしかないよ」

移籍マーケットに警笛

彼らのように移籍マーケットを愛する人たちは、代理人や交渉の世界で何が起きているのか、そしてこれから何が起きるのかを展望しないわけにはいかない。欧州代理人協会の設立者の一人であるブランチーニは、「移籍マーケットを規制する責任者が誰であれ、今はちゃんとした規制が機能していない」と警鐘を鳴らす。

「主権国家(PSGのオーナーであるカタールなど)がクラブを所有していいものなのかどうか、我々にはわからないし、代理人による代理権の売買など、違法な状況は追求されてない。FIFAが代理人と話し合いの場を設けない限り、この問題は解決しないよ。そして、2022年に始まる代理人への規制が、私が勘繰ってるようなものであれば、最終的に裁判所に行き着くだろうね」