/ファビオ・パラティチ:ハーランドとドンナルンマはユベントス加入に迫ったが…

ファビオ・パラティチ:ハーランドとドンナルンマはユベントス加入に迫ったが…

ハーランドの行き先は…

数年の内に、ハーランドはキャリア最後の移籍を実現する準備をしているだろうが、それを占う上で、何十年も国際的なビッグクラブと接触してきたエージェントであるブランキーニの考え方は重要であろう。

「PSGかレアルかって?レアルの方がありえるだろうね」

さらにブランチーニは、次の夏の移籍マーケットでも、イタリアのクラブが5,000万~6,000万ユーロの移籍金での大型補強は起こらないだろうと予想している。

「今の経済状況を考えると、それよりもイタリアのクラブが2,000万ユーロの補強を3回する可能性のほうが高いだろうね」

ピオリ、シュクリニアル…

だが、移籍マーケットは日々変化し、さらに試合を重ねるごとに、また観る者によっても意見が変わるものだ。例えば、イタリアの若い選手たちはどれくらいの価値があるのかについて、パラティチが語る。

「イタリアはこれからも選手を輩出することになると思うよ。例えば攻撃面では、(モイーズ)キーンのように20歳という年齢からは想像できないほどの活躍をしている選手や、(ジャコモ)ラスパドーリや(ロレンツォ)ルッカのようにクオリティーの高い才能を持った若手がいる」

続けてブランチーニ。

「私はもっと悲観的な見方をしているよ。イタリアのベスト・ディフェンダーが30歳をはるかに超えた選手で(おそらくキエッリーニを指している)、セリエAに38歳、39歳、40歳の選手がいるということは、そういったベテランから若い選手たちがポジションを奪えず、プレッシャーをかけれていないということなんだ」

「それと、若い選手たちのキャリアが若いコーチの手に委ねられているという問題もある。コーチというのは、若い選手たちのことよりも自分のキャリアのことを考えているからね」

ジュフリーダは、親密な関係にあるACミランのステファノ・ピオリ監督について語った。

「刷新かい?毎日のように戦っているよ。ミラノのワーキンググループは素晴らしく、彼らはお互いに支え合いながらこのミラノを作り上げてきたんだ。これからも一丸となった頑張ってくれることを願っているよ。ほぼ順調に物事が進んでいるね」