/【コラム】2つのフェルナンデス争奪戦、エリクセンとタンガンガの未来

【コラム】2つのフェルナンデス争奪戦、エリクセンとタンガンガの未来

ロチェルソ、ラメラ、そして3バック

トッテナムは現在、紙上の計算では勝利が必須となる3つの試合を控えている。現実には、言うは易しであるが、クリスマス期間に破綻したパフォーマンスを立て直すためには、ここでの結果は必要だろう。

リバプール戦のパフォーマンスからポジティブな点は多く見つかっており、それらは主にディフェンスラインとベンチから出てきた2人によるものである。

ロチェルソとラメラは、再びスパーズにエネルギーと運動量、そしてアグレッシブさをもたらした。

若い方のアルゼンチン人のスライディング・タックルからスパーズはショートカウンターを繰り出し、ソンの大きな決定機が生まれたが、このプレーにこそ、プレイメーカーとしてのロチェルソとエリクセンの違いを表していた。

さらにロチェルソは試合の終盤に自ら劇的な同点ゴールに迫っていった。あのスライディング・ボレーがゴール前を横切って外れてしまった場面は、昨夜のベッドの中で彼の頭の中を何度も何度も繰り返しリプレイされただろう。

クラブが2720万ポンドで完全移籍となるオプションを行使いていないが、それでもロチェルソはプレミアリーグの舞台でその最高のチームを相手にもインパクトを与えられることを証明した。

これからの試合で、彼はラメラともにピッチの中央のポジションで先発するチャンスを得るに相応しいことを証明した。

10月以来となる先発出場の機会がダニー・ローズに与えられたのなら、このアルゼンチン人コンビだって与えられるはずだ。火曜日のFAカップ、ミドルスブラ戦の再試合では実現するだろう。

そして、このリバプール戦でモウリーニョにとって最も重要なのことは、彼が今シーズンの残りの期間に挑む完璧な3バックを見つけたかもしれないということだ。

パウロ・ガッザニーガは土曜日のリバプール戦であまり出番が無く、守備の負担の多くは卓越したパフォーマンスを披露したタンガンガとダヴィンソン・サンチェスのスピードとパワー、そして空中戦の強さで対処していたのに加え、その2人をオーガナイザーとしてトビー・アルデルヴァイレルトが捌いていた。

ヤン・フェルトンゲンの未来はまだ霧の中にあり、その不調のベルギー人と体調不良のエリック・ダイアーを外して、モウリーニョは錆びついた鈍足の守備ラインを、スピード溢れるものに変貌させた。

火曜日の夜の試合では変更が加えられ、トロイ・パロットとオリバー・スキップにプレーの時間が与えられるかも知れないが、次の土曜日のワトフォードとのアウェイゲームでは、モウリーニョがリバプール戦で好印象を残した選手を起用して、新しい連動性をチームにもたらすはずだ。チェルシーにプレッシャーを与え続けるためにはそれが必要である。

スパーズ公式グッズの送料無料キャンペーンのご紹介

送料無料の条件:120ポンド(約14000円)以上の購入
おすすめグッズ
✅NIKE OPTIC ZIP HOODIE 2018/19 ¥6,000 / Joggers 2018/19 ¥5,200
昨季選手がスタジアムに移動する際に着用されたウェア。テーパードの効いた綺麗なシルエットながら着心地も良く、シンプルなデザインでシチュエーションを選ばない。身長が170cmくらいであればSサイズがベスト。
(下の画像をクリックしてSpurs公式ショップへ)

↓Joggers(スウェットパンツ)はこちらのリンクから↓ NVY XL NK OPTIC JOGGER 2018/19