/【コラム】2つのフェルナンデス争奪戦、エリクセンとタンガンガの未来

【コラム】2つのフェルナンデス争奪戦、エリクセンとタンガンガの未来

タンガンガがプレミアリーグで鮮烈デビュー

ジャフェト・タンガンガがこれまでに夢見ていたすべてがこのプレミアリーグのデビュー戦にはあった。

この20歳のディフェンダーをスパーズ・アカデミーで観戦したことがある人は、彼がどれだけ優れているか、そしてプレミアリーグに適合するためのあらゆる資質を持っていることを知ってたはずだ。

近年の彼の最大の問題は、ユースのイングランド代表に夏季に招集されていたことにより、マウリシオ・ポチェッティーノがクラブの若い選手たちに目を配るプレシーズン・ツアーへの参加を見逃したことだった。

タンガンガはついに昨年の夏にプレシーズン・ツアーに参加し、その手でチャンスを掴んだ。ユベントス戦で感銘を与え、シンガポールでクリスティアーノ・ロナウド、上海でマンチェスター・ユナイテッド、そしてドイツのアウディ・カップでレアル・マドリードとバイエルン・ミュンヘンと戦った。

彼は、カラバオ・カップの敗退が決まったコルチェスター・ユナイテッド戦で輝いた数少ない選手の一人として、力強いスパーズ・デビューを果たしていた。

トッテナムが守備の問題に苦しみ続けていたにもかかわらず、その後、出場機会を得ることなくここまできていた。

土曜日に彼のプレミアリーグのデビューが実現した舞台は、間違いなく現在世界で最高のチームとの対戦であった。試合の4日前、火曜の時点ではモウリーニョにプレーすることになると伝え、さらにスパーズのボスはタンガンガにピッチに足を踏み入れても恐れることはないと言って聞かせた。その言葉にタンガンガは忠実だった。

タンガンガは試合開始から意図を明確にし、最初の数分で高い打点でのヘッダーを披露し、チャレンジに勇んで挑み、インターセプトに成功し、しっかりとボールを足元で収めてみせた。

そしてロベルト・フィルミーノが放ったシュートがパウロ・ガッザニーガのいないゴール隅に飛ぶと、瞬時に素晴らしいゴールライン・ブロックを見せて、これを跳ね除けた。

この若いディフェンダーの唯一のミスと言えるのは、誤って相手ボールと判定されたスローインの後に集中力を切らせてしまい、ブラジル人による巧妙な反転に振り切られてしまったことだ。フィルミノは彼を抜き去り、決勝ゴールを決めた。

そのプレーによる影響は見せず、タンガンガは後半のプレー感銘を与え続け、ダニー・ローズが交代でピッチを去ると左サイドバックにポジションを切り替えて、彼の多機能性を示した。

彼はアンドリュー・ロバートソンによる強烈なチャレンジを受けたが、そのプレーではリバプールのサイドバックにおそらく処分がくだされるべきであっただろう。

スパーズ公式グッズの送料無料キャンペーンのご紹介

送料無料の条件:120ポンド(約14000円)以上の購入
おすすめグッズ
✅NIKE OPTIC ZIP HOODIE 2018/19 ¥6,000 / Joggers 2018/19 ¥5,200
昨季選手がスタジアムに移動する際に着用されたウェア。テーパードの効いた綺麗なシルエットながら着心地も良く、シンプルなデザインでシチュエーションを選ばない。身長が170cmくらいであればSサイズがベスト。
(下の画像をクリックしてSpurs公式ショップへ)

↓Joggers(スウェットパンツ)はこちらのリンクから↓ NVY XL NK OPTIC JOGGER 2018/19