/【コラム】2つのフェルナンデス争奪戦、エリクセンとタンガンガの未来

【コラム】2つのフェルナンデス争奪戦、エリクセンとタンガンガの未来

敗戦から生まれた新たな基盤

今週はジョゼ・モウリーニョとトッテナムの選手たちとの2回目のフルでトレーニングに打ち込めた一週間であり、1回目のチェルシーとの試合の前とは異なり、今回はトレーニング場で取り組んだ仕事の成果をピッチの上で見ることができた。

今回のリバプール戦の結果について彼を激怒させた主な要因ものは、事前に懸命に対策に取り組んでいた守備のポイントが、まさに失点のかたちになってしまったことだった。

「あのゴールのスタートはスローインだった。あれは我々のスローインだ。マネが最後にボールに触れていた。あれは我々のスローインだった。そこから相手のゴールは生まれている」

「私は審判の指導者ではなく、選手の指導者であるの、昨日のトレーニングでは守備のスローインに長い時間を費やし、そこで我々は失点を許してしまったので私も選手たちも少し困惑したよ。だがそれがフットボールなんだ。私にとってポジティブなことが選手たちからもチームからもいっぱいいっぱい見つかったよ」

「現時点で、チームは非常に困難にあり、このような良い相手と渡り合うための条件になるパズルを構築するのは難しいから、我々がこの週に取り組んだ仕事と選手たちがピッチの上で実践してくれたことに満足する理由があるね」

守備面を十分に増強したスパーズのプレーは明確なパターンが存在した。

前半は流動的な3バックを使用。これはプレミアリーグ・デビューとなったジャペト・タンガンガが右サイドバックにも入れるような位置取りのため4バックともとれ、オーリエは右のウィンガーまたは中盤の中央へと自由な動きが認められる役割だった。

スパーズ公式グッズの送料無料キャンペーンのご紹介
送料無料の条件:120ポンド(約14000円)以上の購入


おすすめグッズ
✅ユースXLの2019-20シーズン ホーム・ユニフォーム ¥7,700
8000円以下と割安なユース用ユニフォーム(レプリカ)だが、日本人の170cm台の中肉であればちょうどいいサイズでお得。

(下の画像をクリック)