/フットボールの歴史上、最も高価なユニフォーム・スポンサー契約ランキング

フットボールの歴史上、最も高価なユニフォーム・スポンサー契約ランキング

 

「典型的な形では、まずクラブはライセンス使用料を得ることになります。例えばマンチェスター・ユナイテッドはアディダスから年間7,500万ポンド、チェルシーはナイキから6,000万ポンド、アーセナルはプーマから3,000万ポンドを受け取っています。その上で、ユニフォームの売上収益の10〜15%を受け取ります。」

「ユニフォーム契約はフットボール・クラブが提供する中で、最も魅力的なものであることが多々あります。サプライヤーはユニフォームに小さなロゴを入れるためにお金を支払っている訳ではありません。素晴らしいリターンを得ることが出来る投資なのです。一例を挙げると、アディダスのCEOであるハーバート・ハイナーが言うには、マンチェスター・ユナイテッドとの契約はアディダスに今後10年で15億ポンドをもたらす計算になるそうです。」

「それほどのリターンが得られるなら、なぜフットボールクラブは自分たちでユニフォームを製造しないのか?答えは簡単で、彼らはフットボールクラブであり、ユニフォームのサプライヤーではないのです。彼らには何万、あるいは何十万枚というユニフォームを製造、発送、販売するために必須である、グローバルな流通網を保有していません。オンラインショップで購入した商品の発送に必要な流通網は小規模になりますが、それすらも多くのクラブはアウトソーシングしているのが現状なのです。」

「フットボール・クラブはこのような資源にアクセスできません。結局のところ世界的なビッグクラブですらも、アディダスやナイキのような巨大企業と比べてしまえば比較的小さなビジネスなのです。一体どれくらい規模が異なるかと言うと、チェルシーが112年間の歴史上であげた収入総額以上の金額を、ナイキはたった3カ月で稼いでしまうのです。ナイキは2017年の3月から5月にかけて、約70億ポンドの売り上げを記録していますから。」

※次ページからランキング