/リバプール戦後のクリスチャン・エリクセンが別れのサインか…

リバプール戦後のクリスチャン・エリクセンが別れのサインか…

その感動的なファンとの交流の後、巨大な一階層のサポーターが大挙するサウススタンドの前にエリクセンは留まっていた。これが多くのファンにとって、別れの挨拶に見て取れたようだ。

ピッチの上ではロチェルソはこれからスパーズでの活躍の機会を増やすであろう予兆を見せ、移籍マーケットではベンフィカの若手ミッドフィルダー、ジェドソン・フェルナンデスの獲得が迫っていると報じられているだけに、「その時」は近づいているように予感される。

エリクセンは2013年にアヤックスからトッテナムにわずか1,100万ポンドで加入し、この冬の移籍であれば、安価ではあるが次の夏にフリーで移籍することは避けられる。

これまでにクラブで300試合に出場し、69ゴールを決めたエリクセンは、スパーズがチャンピオンズリーグの常連となるために大きな貢献を果たしている。