/ファビオ・パラティチがトッテナムでの新監督探しで直面するこれまでとは全く異なるチャレンジ

ファビオ・パラティチがトッテナムでの新監督探しで直面するこれまでとは全く異なるチャレンジ

ファビオ・パラティチはトッテナムで新たな状況に直面しているが、それは彼がイタリアのユベントスで慣れ親しんだものとは全く異なるものである。

ファビオ・パラティチはまだ正式にトッテナム・ホットスパーでの活動を開始していないが、彼はすでに自分が直面している挑戦がいかにこれまでとは異なるものであるかを理解しただろう。

先週末の土曜日にトッテナムのフットボール・マネージング・ディレクターに就任することが発表された48歳のイタリア人は、7月1日から正式に仕事を始めることになった。

しかし、11年間ユベントスのチーフ・フットボール・オフィサーを務めたパラティチは、自分の手を動かす時間を無駄にすることなく、イタリアに留まりながら、今夏の移籍マーケットでの計画や、最も重要な次期ヘッドコーチ探しにすでに着手している。

だが、それは一筋縄ではいっていない。パラティチの元所属クラブであるユベントスでは、業務における交渉ごとで破談することはほとんどなく、激動の中で異なる監督を選び続けることもなかった。

国籍に関しても、トリノに本拠地を置くユベントスは、ディディエ・デシャンの10ヶ月間を除いて、過去50年のほとんどの期間、イタリア人の監督しか起用してこなかった。

パラティチはイタリアのセリエAに精通しており、スパーズでパラティチが交渉に携わった最初の3人のヘッドコーチ候補が全員、セリエAでの監督経験者であったことは驚きではなかっただろう。

まず、ユベントスでパラティチと一緒に成功を収めたアントニオ・コンテ、元ローマのパウロ・フォンセカ、そして木曜日にフィオレンティーナで就任から23日で辞任した元ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾだ。

この3人には、それぞれの理由でトッテナムとの交渉が突然終了したが、フォンセカの交渉においては、契約合意と英国入りのためのビザ取得という最終段階に達した後、ガットゥーゾにパラティチの関心が動いたために破談したという経緯になる。