/ゴールド記者とファンとのQ&A:ファビオ・パラティチの就任とアントニオ・コンテとの交渉の再燃の可能性…

ゴールド記者とファンとのQ&A:ファビオ・パラティチの就任とアントニオ・コンテとの交渉の再燃の可能性…

パラティチが次の監督を選ぶとき、レヴィがマッチデー・プログラムで語った価値観をすべて体現している監督を起用されると思いますか?

アラスデア:そう願いたいところだが、彼はレヴィの方針に合わなかったコンテとの再会を強く望んでいた。今後、パラティチとスパーズに誰が適応し、誰が就任するのかが注目されている。

スティーブ・ヒッチェンと共に移籍マーケットでの動きを進める準備していると思うか?

アラスデア:パラティチは、補強のための資金を作るために、放出に向けてすでに取り組んでいる。ディレクター・オブ・フットボールの体制の良いところは、継続性とチーム戦力を生み出せること、そしてヘッドコーチがそのチーム戦力を指導するために入ってくることだ。もちろん、選手は異なるタイプのヘッドコーチに合わせることができるが、まさに今夏、トッテナムがやっちまってるように無作為にまったく合わない監督を狙うのではなく、クラブや目標に合ったヘッドコーチを選ぶことになる。

ダニエル・レヴィは、メディアやファンから問題視されていることを気にしているのか、それともENICの収入だけに集中しているのか?

アラスデア:彼は以前、サポーターズトラストとのミーティングで、自分がどう見られているかは気にしておらず、クラブの長期的な未来のために最善だと思うことをしたいだけだと言っていた。しかし、スタジアムの内外で自分の退任を求める人々の抗議行動を目の当たりにするのは、今回が初めてのことだ。果たして、その影響はあるのだろうか?彼のプライベートな性格の部分となり、それを知ることはできそうにない。

多くの人が、スパーズがシーズンチケットの更新のためにポチェッティーノとコンテの報道で盛り上げたと感じていますが、私は純粋に、ただの悪い偶然だと感じています。あなたはどう思いますか?

アラスデア:タイミングが最悪で、そのような印象を与えたことには同意するが、交渉がされているとの情報は両者から出ていたので、スパーズが何かを一方的に発信していたわけではない。また、私の感覚では(間違っているかもしれないが)、マネージャーであれヘッドコーチであれ、どんな人であっても、ほとんどの場合は契約を延長するかしないかをずっと前に決めていると思う。

多くの人はフットボールの仕事が日課になっていて、仕事に戻りたいと思っているだろうし、中には昨シーズンのことやオーナーへの嫌悪感から、一度の人事ではその決断を変えられない人もいるだろう。だから、たとえその経緯がわかったとしても、私はその説をあまり信用していないよ。