/ゴールド記者とファンとのQ&A:ファビオ・パラティチの就任とアントニオ・コンテとの交渉の再燃の可能性…

ゴールド記者とファンとのQ&A:ファビオ・パラティチの就任とアントニオ・コンテとの交渉の再燃の可能性…

ラルフ・ラングニックはまだスパーズのターゲットなのか?ディレクターとしての就任はなくなってしまったが、パラティチは彼に監督の役割を与えるだろうか?

アラスデア:正直なところ、おかしな組み合わせだと思う。長年、ディレクターとして名が通った人物が、彼よりずっと若いディレクターのもとで指揮を執ることになるのだからね。ラングニックは過去10年間で監督をしていたのは短期間だし、もし彼が加入したら、最近の彼の怪しげなコメントがメディアに取り上げられると思うよ。

パラティチはゼネラルマネージャーに就任すると報道されていますが、これはダニエル・レヴィが徐々に表舞台から身を隠す方法だと思いますか?

アラスデア:スパーズではこれまで何度もやってきたことだ。パラティチは、デビッド・プリート、フランク・アーネゼン、ダミアン・コモッリ、フランコ・バルディーニ、ポール・ミッチェル、スティーブ・ヒッチェンに続いて、ダニエル・レヴィ会長の下でフットボールの責任者を務めることになる。ゼネラル・マネージャー、フットボール・ディレクター、スポーツ・ディレクター、フットボール担当CEO、テクニカル・ディレクターなど、呼び方はさまざまだが、いずれもクラブのフットボールに関する事項を決定する責任を負い、最終的な決定権と承認は常にレヴィが下してきた。

パラティチが前任者たちよりも多くの望みを叶えられるかどうかは、彼とレヴィがどれだけ早く関係を築けるか、そして会長が彼の話に耳を傾けるかどうかにかかっている。前任者の一人はその友人に、「トッテナムでの役割を一貫して成功させるのは、設定された評価基準のせいで『不可能な仕事』であり、若手選手にそのポテンシャル以上のものを引き出すことに賭けざるを得ない」と語っていた。

ギャレス・ベイルはユーロの後にキャリアを終えたいと思っていると報じられたが、それは正しいですか?

アラスデア:その質問の答えを知っているのは、ギャレス・ベイルだけだ。彼のエージェントはその噂を否定し、選手はその噂を少し避けていたが、(2022年の)ワールドカップの1年前に引退するのは、ゴルフコースがあまりにも魅力的だと考えていない限り、奇妙に思えるね。