/ゴールド記者とファンとのQ&A:ファビオ・パラティチの就任とアントニオ・コンテとの交渉の再燃の可能性…

ゴールド記者とファンとのQ&A:ファビオ・パラティチの就任とアントニオ・コンテとの交渉の再燃の可能性…

スパーズはエリック・テンハーグと交渉を続けていましたか?パラティチが入ることで大きく変わると言っていましたよね…

アラスデア:個人的に、テンハーグはスパーズ、新体制、次期ヘッドコーチに求めているもの、そしてクラブの財政状況にぴったりだと思う。しかし、それは私が決めることではないからね。最終的にはパラティチが決めることだ。テンハーグは、イタリア人がやってくる前にスパーズが話をした人物であることは確かだが、新任のフットボールディレクターが求めるものに彼は適合するのだろうか?それはすぐに分かるだろうね。

監督人事の現状や、獲得するためにまず放出しなければならないことを考えると、スパーズは今夏の移籍マーケットの終盤に動くことになりそうか?

アラスデア:スパーズの場合、いつものように、どれだけ早く選手を放出できるかにかかっている。しかし、パラティチがすでに取り掛かっているはずだが、彼がユベントス時代に苦手とされてきた選手の放出を迅速に進めることができなければ、我々はクラブが補強に動き、彼が賞賛されている安価またはフリーでトップレベルの選手を獲得が実現するまで、しばらく待たなければならないだろう。

もしグラハム・ポッターが監督に就任したら、誰が喜ぶでしょうか?

アラスデア:多くのファンは、以前に話があった候補者たちの格よりも一歩下がると見ていると思う。しかし、スパーズには、ポッターのブライトンでのプレーに感銘を受けた選手もいるだろうし、私の中には、彼の哲学と一流の点取り屋を要するトッテナムがどれほど見応えのあるものになるだろうかと期待する部分もある。ブライトンでやっている彼にとっては、周りの期待という意味では大きなステップアップになるだろう。

ロベルト・マルティネスはFAカップを獲得しましたが、彼はあまり資金のないエバートンでうまくやりました。もし彼がユーロで優勝したとして、悪い選択肢なのでしょうか?

アラスデア:正直なところ、トッテナムのファンは発狂すると思う。代表チームのマネジメントとクラブのマネジメントには大きな違いがある。エバートンのファンは、彼が守備面を気に掛けてないことに不満を募らせていたが、これはスパーズが来シーズンに向けて本当に注力しなければならないエリアだ。彼のチームが良いフットボールをすることは、スウォンジーの歴代の監督の多くがそうであったように疑う余地はないが、ファンはまず彼の守備に注目することになるだろう。