/ゴールド記者とファンとのQ&A:ファビオ・パラティチの就任とアントニオ・コンテとの交渉の再燃の可能性…

ゴールド記者とファンとのQ&A:ファビオ・パラティチの就任とアントニオ・コンテとの交渉の再燃の可能性…

パラティチが関心を持ちそうな監督は誰?

アラスデア:それはいずれわかるだろう。彼はトッテナムに最適なヘッドコーチを選ばなければならないし、プレミアリーグでの要求にも応えなければならないからだ。そのいずれにおいても、彼の経験は比較的が浅く、ユベントスやセリエAとは大きく異なる。ユベントスで彼がこれまで一緒に仕事をしてきた監督たちを見ると、もしコンテを獲得できなければ、スパーズではこれまでにない人物と仕事をすることになるだろう。48歳の彼に注目が集まっているね。

ダニー・ローズの退団時のインタビューとアマゾン・ドキュメンタリーの動画を見ました。14年間もクラブのために尽くしてきた彼が不当な扱いを受けたと思いますか?2020-21シーズンはもっと彼を活用できたのではないでしょうか?

アラスデア:あれだけクラブに貢献してきたのに、セルヒオ・レギロンが来る前にすでにチーム戦力から滑り落ちてしまっていたのは、とても悲しいことだと思うす。しかし、スタジアム・オブ・ライトで膝を痛めてしまったことで、全盛期のパフォーマンスを継続することができなくなってしまった。

彼と彼の代理人が、この1年間で彼の好みに合う移籍先を見つけられなかったのは驚きだったね。彼は結局、キャリアの1シーズンを無駄にしてしまった。彼はスパーズの良き理解者であり、多くの若い選手が彼を尊敬していたので、彼がキャリアの良い最終段階を過ごすことを願っているよ。

PSGがジネディーヌ・ジダンを獲得できるなら、マウリシオ・ポチェッティーノを手放してもいいと言っているのは本当ですか?

アラスデア:あれだけ騒がれた後で、そのPSGの動きはおかしいだろう。また、ポチェッティーノがパラティチとの新体制にどのようにフィットするかは、もっと問題になるかもしれない。彼は以前、新体制の(フットボール・ディレクターを置いた)クラブにいたことがあるが、アルゼンチン人は新体制を好んではいないと考えられている。また、これは関係ないかもしれないが、ジダンは自分のルーツがマルセイユであることから、PSGの監督に就任は考えないだろうと言われていた。それが本当かどうかはわからないけどね。